花留め

花留めとは、花を留めるために固定する方法です。花を留める方法には、吸水性フォームを使う方法、剣山を使う方法、そのほかの方法があります。まずは花留めの道具の使い方や簡単な花の挿し方をマスターしておきましょう。

色んな花留め

↓ 吸水性フォームを使った場合

特徴

吸水性フォームにはいろいろな形があります。通常はブロック型の吸水性フォームを使います。花を簡単に固定することができて、花に水分をたっぷり与えることができます。

使い方

1吸水性フォームを必要な大きさにカットします。

2容器に水を張り、吸水性フォームを水に浮かせます。

3水を吸うとしだいに吸水性フォームが浮き上がってきます。

触らずにしっかり水がしみこむまで待機しましょう。

4水がしみこんだら、カッターやナイフを使って器の大きさに合わせカット。

ぎゅうぎゅうではなく自然と収まるようにしましょう。

5高さは器より高いと花を挿す面積が広くなり、低いと面積が狭くなります。

作ろうとしている作品に合わせて高さを調節しましょう。

6面取りをすると角がなくなり、その分たくさんの花を挿せるようになります。

7吸水性フォームを器にセットし、水をたっぷり入れて完了です。

花を挿してみましょう

いよいよ花を挿す段階になりました!ここで注意したいのは、挿し方が決まらないために何度も挿したり抜いたりすることによって、穴だらけになってしまうことです。

中がすかすかになってしまうと、水を含んだ吸水性フォームに植物が触れずに、水分を摂ることができなくなってしまいます。ですから1度挿したら何度も抜かないように注意してください。

どうやってどのくらい挿せばいいのかというと、挿してしっかり安定する深さまで挿すと良いでしょう。花の大きさや重さによって異なるので、感覚を覚えていってくださいね♪

↓ 剣山を使った場合

特徴

剣山には、丸型・半月型・角型などの形があり、素材もゴム製やプラスチック製などの種類があります。剣山は生け花に使うものというイメージがありますが、最近では和風の花のフラワーアレンジメントにも使われるようになりました。剣山には、花の量が少なくても挿せて、剣山が見えても見栄えが良いといった特徴があります。

使い方

1剣山を器の中央にセットします。

滑るのでティッシュや新聞紙を敷いておくと良いでしょう。

2花を適度な長さにカットします。

茎のやわらかいものはまっすぐに、硬いものは斜めにカットしましょう。

花を挿してみましょう

剣山を使って花を挿す場合、まっすぐに挿し、傾けたい方向へ傾けます。葉ものはワイヤーや輪ゴムで束ねてから挿し、枝ものは斜めにカットして、まっすぐに挿します。そのあと、傾けたい方向へ傾けます。最後に水を注いでできあがりです。

↓ そのほかの場合

そのほかの花留め

そのほか花留めの方法には、身近な道具を使うことができます。石や貝など、思い出の物を使うのも素敵ですね!物によっては、その道具が見栄えを良くして花を美しく見せてくれる効果もあるんですよ。

銅線…人工的な素材は、洗練されて都会的なイメージがあります。

セロテープ…透明だから目立たず簡単です。

ビー玉…カラフルでファンタジーな印象があります。

小枝…自然なものを使うので、花をよく合います。小枝…自然なものを使うので、花をよく合います。

砂…自然の砂を使うと、やさしい印象になります。

花の挿し方

花の挿し方には、花を先に挿す方法と葉を先に挿す方法があります。ここでは吸水性フォームを使った、基本的な球形の挿し方を紹介するので、花の準備をしたら実際に挿してみましょう。

花を先に挿す方法

1バラのように葉も使える場合は、葉よりも花から先に挿します。

花を挿す前に大きさや形、本数を把握します。

2挿すときは丸くなる形をイメージして外側から均等に挿します。

3本数が多いときは中央にも挿しておきましょう。

4花と花が重ならないように45度の角度で挿します。

5バランスを見て余分な葉はカットします。

6すきまに葉と脇役の花を挿します。

7吸水性フォームが見えず、丸い形に仕上がったら完成です♪

葉を先に挿す方法

次に、花より葉を先に挿す方法を説明しましょう。葉を先に挿すことで、器の中を隠すことができます。花の量が少ないときも葉でボリュームを出すことができます。

1まず、葉を切り分けます。

2均等な大きさの葉を選んで、外側から挿していきます。

小さい作品なら中央に大きな葉を挿し、小さなも中心に挿しながら吸水性フォームを隠します。

3次に角度をつけて中のほうを挿していきます。

4葉が挿し終わったら花を放射状に挿します。

5バランス良く空間が埋まったらできあがりです♪

ページの上に戻る