作り方

フラワーアレンジメントや花束などの簡単な花を使った作品は、花の扱い方を覚えてしまえば案外簡単なものです。まずは、ルールにとらわれず、好きなように作ってみましょう。センスは作っていくうちに磨かれますから、安心してください。

簡単なフラワーアレンジメントを作ってみましょう

まずは誰でもできる、フラワーアレンジメントを作ってみましょう。花は作りたい雰囲気で選び、置く場所に合わせて量を決めます。

【必要なもの】メインの花1種類、そのほかの花3〜4種類、金網、花器

作り方

1金網を花器に合わせて丸くします。

2花器に金網をセットし、水を入れます。

3メインの花を金網の中央に入れます。次にそのほかの花を入れます。

4金網いっぱいに花が入ったら、高さや横幅などバランスを見ながら

整えます。

5あまった花で動きをつけてできあがりです。

フラワーアレンジメントの基本の形

フラワーアレンジメントでは、基本の形として三方見と四方見があります。

三方見は正面と横から見たときにきれいな形で、後ろは手を加えられていません。四方見は前後左右、どこから見ても手を加えられています。三方見のフラワーアレンジメントは、壁など背がある場所に、四方見のフラワーアレンジメントは、テーブルの上のように、どこからでも見られる場所に置くと良いでしょう。

フラワーアレンジメントの困った!

実際に作ってみると、なかなか思うようにいかなかったり、完成してから気がついたりします。性格が出るんですよね。難しいなと感じたことをまとめてみました。

高さが決まらない

花器と花のバランスを考えます。基本は器の高さの2倍で、ほかに器の高さ+幅の1.5倍だったり、2倍だったりということもあります。

ぎゅうぎゅうになってしまった

花の丈が短いと、密集してしまいます。密集すると花が蒸れてしまい、日持ちしなくなってしまいます。プリザーブドフラワーでは色落ちすることもあります。

花びらが落ちてしまった!

花に触れるとき、力を入れすぎると花びらが落ちてしまうことがあります。適度な力で持ち、手早く作っていくと良いでしょう。

フラワーアレンジメントのテクニック

フラワーアレンジメントでは、花をきれいに見せるためのテクニックがいろいろあります。その一部を紹介します。

ワイヤーを通す

花によっては、茎に優雅なラインを出したいときがあります。そういうときは、茎にワイヤーを通して、好きなラインを出します。茎に突き出さないように、丁寧に扱いましょう。

テーピングをする

コサージュなどを作るとき、フローラテープを巻いてワイヤーを目立たなくします。生花を使う場合、切り口に水分を含んだティッシュを巻きます。フローラテープを少し引っ張るようにしながら上から下へと巻いていきます。

生け直す

日にちが経ってくると、花や葉が傷んできます。傷んだ花や葉はその都度取り除き、生け直しましょう。生け直すときは、メインの花が変わることがありますから、生け直すことでまた新しい表情を見せてくれるんですよ。

長く楽しむために・・・

生花は通常で1週間〜10日、暑い季節で4〜5日もちます。せっかく作った作品ですから、長く楽しみたいですよね。日常のお手入れを覚えて、長く楽しみましょう。

・花器は毎日洗って、水も取り替えましょう。

・茎のぬめりも取りましょう。ぬめりは腐り始めた合図です。

・花に元気がなくなってきたら、水揚げをしてみましょう。

・必要に応じて長持ちさせる薬を加えてみてください。酢・氷・砂糖・10円玉(銅)なども効果があります。

基本の花束の作り方

それでは、実際に簡単な花束を作ってみましょう。スパイラルという形を作ってみます。葉などの下準備をして行ってください。

【必要なもの】花・アルミホイル・ティッシュペーパー・ラフィア・ラッピングペーパー・リボン

作り方

1利き手ではないほうの手に花を持ちます。

2花の茎と茎が交わる支点が決まったら、動かさないようにして、

もう片方の手で1本ずつ斜めに交わるように合わせていきます。

3左上から右下に流れるように花を添えていきます。

4茎を切りそろえます。

支点にしていたところにラフィアを巻きつけて固定します。

5茎の下には、水を含んだティッシュをあてて、

その上からアルミホイルを巻きます。

6ラッピングペーパーで包み込むようにラッピングをします。

7支点になったところを押さえて形を作ります。

8リボンを結び、あまったところはカットしたり両面テープで固定します。

9全体の形を整えてできあがりです♪

簡単ブーケの作り方

ブーケはフランス語で花束という意味です。日本ではブーケと花束は区別して、ブライダル用の花束をブーケといいます。ブーケと同じ花を使って、コサージュやチョーカーなどを作ることもあります。ここでは簡単なクラッチブーケを作ってみましょう。

【必要なもの】メインの花1〜2種類、そのほかの花1〜2種類、葉1種類、リボン、輪ゴム

作り方

1クラッチブーケとは、手でにぎったような形のブーケをいいます。

自然で可愛い印象のブーケです。まず、メインの花をぎゅっと持ちます。大きな花の場合は丸い形になるよう意識して、高低差をつけて持ちます。

2外側にメインの花を足していきます。

3すきまにそのほかの花を足します。

4葉で周りを包むように添えます。

5輪ゴムで束ねて茎をカットしてそろえます。

6輪ゴムが隠れるようにリボンを巻いてできあがりです♪

定番クリスマスリーズの作り方

リースは古くから冠や髪飾りとして使われてきました。今ならドアや壁に飾るのが一般的になっていますよね。ドライフラワーや生花といった花の種類によって土台や作り方が異なります。ここでは、市販の土台を使ってクリスマスリースを作ってみましょう。

【必要なもの】市販のコケのリース・ミモザ・コニファ・松ぼっくり・緑色のワイヤー

作り方

1まず、コニファの上にミモザを重ねます。

2重ねたものをワイヤーで土台に巻きつけます。

3松ぼっくりにワイヤーをつけて、下のほうにまとめてつけます。

4松ぼっくりの向きを調節してできあがりです。

花束とフラワーアレンジメントのちがい

フラワーアレンジメントは、吸水性フォームに花を挿した作品で、花束は花器に活ける物をいいます。

フラワーアレンジメントは、そのままテーブルなどの上に置いておけるので、お見舞いや開店祝いなどに向いています。花束はまとめた花をラッピングしたもので、卒業式や発表会など手渡しをしたいときに向いているといえます。用途に合わせて選んでみてください。

ページの上に戻る