上手な花の贈り方

プレゼントを贈るときって、相手のことを考えるので悩んじゃいますよね。お花を贈るときも、相手の立場や好みなどを考えて贈りたいものです。シーンに合わせた花選びや、花を贈るときのマナー、ラッピング方法も確認しておきましょう。

お祝い事に贈る花

どんなのがいい?

一般的には、手渡しができるときは花束で、直接渡せないようなときはフラワーアレンジメントにします。けれど、普段花を飾らない人にとっては、花瓶を用意しなければなりませんし、飾り方だってわかりません。フラワーアレンジメントなら、そのまま飾ることができるので心配ないですね。

お祝い事による花選び

誕生日や結婚祝いでは、その人の好きな花や誕生花、花言葉などを意識して選ぶと良いでしょう。花嫁さんは、青いものを身につけると幸せになれるといわれているので、青系の花を贈ると喜ばれそうですね。新築祝いには観葉植物や鉢物、開店・開業祝にはアレンジメントや観葉植物などを贈ります。

お見舞いに贈る花

せっかく花束を持ってきても花瓶がないのでは困ります。花瓶があるかどうかわからないときは、置くタイプのフラワーアレンジメントを選びましょう。

鉢物は「寝付く」という意味を連想させるので避けてください。特に気をつけたいのは花の本数や花選びです。まず、4や9といった数は避けましょう。菊・シクラメンなどマイナスのイメージを持つ花・血を連想させる赤い花・椿のように散りやすい花・香りの強い花・色が変わりやすいあじさいは避けましょう。

お悔やみに贈る花

前もって贈ることを伝えておきます。基本的に白系・青系でまとめます。菊・ゆり・ランを贈るのが一般的ですが、最近ではその人が好きだった花を和洋こだわらずに贈る場合も増えてきています。会場か自宅へ贈ることになります。

ビジネスシーンで贈る花

相手が男性の場合

相手が男性の場合、花瓶を持っていない場合も多いでしょう。フラワーアレンジメントなら置いておくだけで簡単に楽しめます。

相手が女性の場合

女性に贈る場合、個人名で贈ると特別な意味を与えてしまうことがあります。会社名などにして「皆さんに」と贈ると、気持ちよく受け取ってもらえるのではないでしょうか。相手や周囲に気を配るのがコツなんですね。

花をオーダーする

よほど親しい相手に贈る場合や、自分の腕に自信のある人なら手作りで贈っても良いのですが、時と場合によってはオーダーで作ってもらったほうが良い場合もあります。贈るタイミングというのもありますから、期間に余裕を持ってオーダーしてくださいね。

注文方法

注文の仕方は、花屋さんに直接注文をしたり、電話・ファックス・メールオーダーなどがあります。注文の前にあらかじめメモを作っておくと良いでしょう。

オーダーの流れ

オーダーの流れは、注文をするときに予算・色・イメージなどを伝えます。支払い方法を確認し、支払いをしたら、商品を待ちます。指定した受け取り方法・配達方法で商品が届きます。

ビジネスシーンで贈る花

アレンジメント・花束・ブーケなどをプレゼントしたいときに悩むのがラッピングです。市販されているラッピングの材料も便利ですが、身近なものでラッピングしてみませんか?

リボンの代わりに…

毛糸・麻ひも・ワイヤータッグ・シール・リボンタイ・水引・ラフィア・レースなど。

ラッピングペーパーの代わりに…

紙袋・英字新聞・風呂敷・和紙・紙ナプキン・カレンダー・パソコンで印刷するなど。

ワンポイントに…

レースペーパー・クリップ・タグ・小さなぬいぐるみ・切手・スタンプ・ボタン・貝殻など。

花束の簡単なラッピング

ここで基本のラッピングを覚えてしまいましょう。ラッピングペーパーやリボンの種類を変えるだけでも、印象がかなり違います。

【必要なもの】リボン・ラッピングペーパー・テープ

ラッピング方法

1ラッピングペーパーの上に、花束やブーケを斜めにして置きます。

2ラッピングペーパーの両端を持ち、真ん中まで持ってきて重ねます。

3下の茎のあたりできゅっと絞り、テープを巻きます。

4リボンで小さなちょうちょ結びにします。

5リボンの形を整えます。

6カードを添えてできあがりです。

ページの上に戻る