花屋さんで働こう

最近は花屋さんをフラワーショップと呼んで、花屋さんで働いている人のことをフローリストといって随分華やかな印象になりました。花屋さんといったら地味で体力を使うイメージがありますが、女の子のなりたい職業に常にランクインされていますよね。花屋さんの本当の仕事ってどんな仕事なのでしょうか。

花屋さんってどんなところ?

花屋さんと聞いてぱっと思い浮かぶのは、切花や鉢に入った花を売っているお店ではないでしょうか。けれど、花を売る仕事には種類があります。

たとえば、冠婚葬祭のための花を専門に扱っているお店やレンタルをしてくれるお店、フラワーアレンジメントをするお店などです。花屋さんによっては注文を受けてプレゼント用の花束は作っても、既製品のフラワーアレンジメントは置かないこともあります。また、フラワー教室を開いているところもあって、花屋さんといってもいろいろあるんですね。

花屋さんの仕事ってどんな仕事?

花屋さんの仕事には、お店を管理する・商品を考える・広告営業・商品を作る・販売するといった仕事があります。

お店を管理したり接客したりという販売の要素と、商品を考えて作るデザインの要素があります。花を仕入れたり商品を作ったりと、花のいろいろな姿を見ることができます。例えば傷んだ花は捨てることになってしまいますが、そういう裏舞台に関われるのも、花屋さんならではのことです。花のきれいな部分だけではなく、全体の仕事に関われるのが花屋さんです。

ある花屋さんの1日

お店の人数によって分担していることもあれば、たくさんの業務をこなさなければならないこともあります。

6時:市場に行って花を仕入れます。

9時:花の手入れやそうじなどお店の準備をします。

10時〜20時:営業時間。花の手入れ、配達、接客、花の発注などをします。

21時:売り上げ管理をして閉店します。

どうやったら花屋さんで働けるの?

なにより現場でおぼえるのが大切!

花屋さんで働くには、学校を出て就職する方法と、直接花屋さんに就職する方法があります。フラワースクールには、花屋さんが併設されていることもあり、そちらで就職することも可能です。直接花屋さんに就職する場合は、アルバイトでも働くことができます。アルバイトのうちに経験を積んで正社員になる人も多いようです。その代わり、お店のいろんなことを覚えていかなければならないので、大変ですがやりがいはあります。現場に出て技術を磨くので、花の仕事をするなら資格を取るよりも近道だと思います。

働く時間の自由度:☆

収入度:☆

華やか度:☆

花屋さんの仕事には、どんな人が向いてるの?

花を触るのが好きで接客も好きな人、体力に自信がある人、将来フラワーコーディネーターやフラワーデザイナーになりたい人はぜひ花屋さんで働いてみましょう。花屋さんには癒しの雰囲気をイメージしている人が多いと思います。明るい笑顔を心がけておくのも良いですね。

どんな資格を持っているの?

資格は必ず必要なものではありませんが、グリーンアドバイザー・カラーコーディネート・自動車の運転免許を持っていると便利です。

花屋さんで働いている人に、直撃インタビュー!

花屋さんで働いている人に、実際の仕事についてインタビューしてみました。

花屋さんで仕事をして、うれしかったことは?

お客様がイメージしている通りに商品を作ることができて、喜んでいただけたときが、うれしいです。

花屋さんの仕事をして、大変なことってどんなこと?

朝早くから夜遅くまで働くことが多いのが大変です。寝不足になることもしばしばです。また、花は生き物ですから夏や冬の温度管理が大変です。

最後にひとことお願いします!

普段から花を側に置いて、花の組み合わせや色の組み合わせを意識してみましょう。花の勉強は、学校に行かなくてもできます。本人の熱意と花が好きという気持ちがあれば、きっと花屋さんで働くことは夢ではないでしょう!

ページの上に戻る